インスト名作回答者紹介

特別寄稿2 ブラジル人アーティスト紹介⑦ Dani Gurgelさん

Luz_Artwork-1024x1024

さて、7人目にご紹介するのは..Dani Gurgelさんです。

先月、9月の終わりに来日して、今年も素晴らしいshowで日本中を沸かせていったDANI & DEBORA GURGEL QUARTETOのヴォーカリスト。

8月の投稿、デボラ・グルジェルさんからコメントをいただきました! でご紹介したデボラさんは、ダニさんのお母様でピアニストです。

ダニさん個人のオフィシャルサイトはこちら。
http://www.danigurgel.com/

↑このリンク、必ずご覧になっていただきたいのです。

なぜなら、ダニさんのもう一つの顔、フォトグラファー、デザイナーとしての素敵な作品がたくさん紹介されているからです。
構図、ライティング、ポーズにもこだわったプロの写真。
例えば、トップ画像。
DANI & DEBORA GURGEL QUARTETOの最新アルバム「LUZ」のジャケットですが、ダニさんの撮った写真とのこと。

デボラ・グルジェルさんからコメントをいただきました!でご紹介しているデボラさんのCDジャケット写真も、ダニさんの作品です。

DeboraGurgel_Artwork500

被写体は、有名なアーティストから、若手のミュージシャン、ツアー先の風景、身近な人々、お祝いごとや家族写真、広告用のモノ撮りまで。
バリエーション豊かですが、それぞれに凛とした潔さというか清いというか、すがすがしいカッコ良さのある写真です。

↓こちらは来日したときの写真。ダニさんのファイダーを通すと、日本もこんなにかっこいい。。
http://www.danigurgel.com/project-category/cidades/

それだけではなく、映像、Webサイト、ロゴの作成まで手掛けるマルチアーティストです。

そんなアーティスティックな感性、視野の広さが、風通しの良い歌にも現れているように思います。
ヴォーカルだけではなく、様々な楽器を様々なバンドで演奏してきた経験があるからこその表現でもあるでしょう。

最新アルバム「Luz」のイメージビデオ

最新アルバム「Luz」から「Terra do Sol」[Japan tribute song]
昨年の来日時の写真が挿入されています。

過去の映像から「Forró Brasil」
2013年東京JAZZのステージでもこの曲を演奏して喝采を浴びていました。Hermeto好きならかなりオススメ。

 

そしてダニさんが手掛けているこちらのサイト「MÚSICA DE GRAÇA」

若手のミュージシャンを映像と共に紹介しつつ、彼らの作品をMP3の形でダウンロードできるようになっています。その代わりに、
[PAY WITH A TWEET OR FACEBOOK]
つまり、ツイートしたり、Facebookでいいね!をして、あなたの友達にも彼らのことを紹介してね。というシステムになっています。
すごく現代的な口コミシステムですね。なんかこの友愛的なシステムも好感が持てます。
日本で紹介されはじめた若手のアーティストもちらほら見かけますし、Filo Machadoみたいなベテランや、Jair Oliveira、Claudio Linsなどの中堅組も参加しています。(ちなみにJair OliveiraはJair Rodriguesの息子、Claudio LinsはIvan Linsの息子)
ぜひ、サンパウロの新しい音楽を感じてみてください!

「MÚSICA DE GRAÇA」
http://www.musicadegraca.com.br/

そして、また長くなりましたが。。ダニ・グルジェルさんの選んだインスト名作は?
本書の8ページをご覧にください!

ダニさん、インタビューご協力ありがとうございました!

<もっと知りたい方へお勧めリンク>

WEBダカーポ
ダニ&デボラ・グルジェル・クアルテート『Luz ~光』リリース&9月来日/ダニ・グルジェルの歌声は、まだ見ぬ大海へ船出する。

NAVERまとめ/素敵すぎる…新しい音楽の潮流、ダニ・グルジェルとノヴォス・コンポジトーレス

 

 

 

 

 

 

 

.

 

広告

特別寄稿2 ブラジル人アーティスト紹介⑥ DJ Nutsさん

ブラジルではサマータイムが始まったそうです。

つまり、日本は、夜が長くなってきました。
暖かいCafe com Leiteが嬉しい季節です。
のんびりブログでも観ていってくださいね。

6人目のご紹介は、DJ Nutsさんです。

10556443_10205440401797696_9188689869140175230_n1959231_10205440404277758_7185786692494616060_n

写真左)インスト本とDJ Nutsさん お、いいですね、Maria BethaniaTシャツ。

写真右)サンパウロのDJバー O Prato do Diaでプレイ中!
http://botecopratododia.org/boteco-pratododia/

しばらく前に、HMV渋谷がアナログレコード専門店として復活し話題を呼びましたが、
ブラジルでも都市部の若者を中心に、レコードブームがじわじわ盛り上がってきているそうです。
新譜を、CDだけではなくLPでもリリースするミュージシャンもあらわれました。

そんなブームの牽引役となっているのが、若いDJたち。
DJ Nutsさんは、日本に招聘されてプレイするほどクラブミュージック界では人気のブラジル人DJです。
あのマルセロD2のグループでもDJを担当されています。

クラブミュージックというとちょっと縁遠く感じてしまうかもしれませんが、実はDJ Ntusさんは凄腕掘師&コレクター。
まずはこの映像をご覧ください。

出るわ出るわ、名盤、レア盤の数々。。
Tamba TrioのHércio Militoさんからもらったサインを嬉しそうに見せびらかします(笑)

(Hércio Militoさんは、惜しくも2014年7月にお亡くなりになりました。ご冥福をお祈りいたします。Tamba Trioは、インスト本の16ページでご紹介しています。)

 

激レア盤『krishnanda』(Hércio Militoさんが制作に関わったPedro Santosの幻のアルバム)をスクラッチ!

 

インスト好きには超有名なバンド、Azymthの「Na Linha do horizonte」をプレイ!


MPB好きにはこちらの曲が馴染み深いかもしれませんね。
Edu Lobo「Ponteio」

 

ラッパーとしては既に大御所?のマルセロD2のバンドメンバーとしても有名です。
ライブのときはこんな感じ↓ 4分過ぎから北東部音楽っぽい曲になったりして面白いです。

 

LongplayMIXはこちらからどうぞ!スクラッチは少なめで名曲をカッコよく繋いであります。自宅の灯りを少し落として、好きなお酒を片手にゆったり聴くもよし、踊るもよし。オリジナル音源の当てっこをするのもマニアっぽくて?楽しいかもしれません。今年の夏に来日してブルーノートを熱く盛り上げていった超大物の超有名曲なんてのも入っています。

 

そんなDJ Nutsさんが選んだ1枚とは?気になりますね!
回答はインスト本の8ページをご覧ください。

DJ Nutsさん、インタビューご協力どうもありがとうございました!

 

 

 

 

.

特別寄稿2 ブラジル人アーティスト紹介⑤ Marco Mattoliさん

台風一過の秋晴れです!いかがお過ごしですか。

5人目のご紹介はMarco Mattoliさんです。

MarcoMattoli
(右手に持っているCDは、管楽器がたくさん入っている日本のバンドが聴きたいというリクエストに応え日本から持って行ったお土産です。)

 

Marco Mattoliさんは、サンパウロを拠点に大活躍中のサンバ・ロック (ポルトガル語風に言えばサンバ・ホッキ)・バンド、Clube do Balanço のリーダー。
担当はヴォーカルとギターです。

Clube do Balançoオフィシャルサイト

オフィシャルサイトを開くと、まず、メンバーが全員でレコード屋さんを物色している写真が出てきます!
古い音楽も大好きで、ロックもサンバも大好きで・・そんな音楽大好き人間の集まりだってことが伝わってきますよね。

レコード屋の親父さんがレコードをかけたら・・!!
Clube do Balanço – Palladiun e Jackson do Pandeiro

 

最新アルバム 「MENINA DA JANELA」 から “De Chinelo”

 

このアルバムは、38ページ「歌うインストルメンチスタの作品」コーナーでもご紹介しています。

 

このバンドは、メインのヴォーカリスト+バックメンバーという構成ではなく、ヴォーカリストが男女合わせて複数おり、インストの曲もあれば、ステージ上にはダンサーもいるといった華やかなパーティーバンド。

楽しいライブの模様はこちらから。

 

オフィシャルサイトにライブスケジュールが掲載されています。サンパウロに行く機会があったら、ぜひライブに行ってみましょう!

 

最新アルバム 「MENINA DA JANELA」はディスクユニオンやアパレシーダでも取り扱い中です!

discunion通販ページ
Aparecida

 

そんなレコードマニア?なMarco Mattoliさんが選んだ1枚とは何だったでしょうか?
本書の8ページをご覧くださいね。

インタビューご協力どうもありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

0

 

特別寄稿2 ブラジル人アーティスト紹介④ Charles Gavinさん

すっかり秋めいてきましたね。

4人目のご紹介はCharles Gavinさんです。

charles

 Rioで本書を贈呈!

80年代から一世を風靡した伝説的なロックバンド「Titãs」でドラマーとして在籍。
(Titãsは、かつて、ナンド・ヘイスやアルナルド・アントゥネスなどが在籍していたことでも有名。すごい才能が集結していたんですね。)
それと同時に、他のアーティストのプロデュースや再発盤のセレクション、TV番組の企画、プレゼンテーター、レア盤のコレクターとして豪華本を出すなどの大活躍をなさっています。

“Porque Eu Sei Que É Amor” 再生回数400万回超のオフィシャルビデオクリップ。(映像はTVドラマのもののようですが)

 

 

”E preciso saber viver” ホベルト・カルロスの名曲をTitãsがリバイバルヒット。
長髪のCharles Gavinさんが写っています。

 

オフィシャルサイトには、ご自分の肩書として produtor, músico, pesquisador e apresentador とあります。
pesquisadorは、研究者。音楽研究家、名盤探索家といったところでしょうか。

オフィシャルサイトで彼のやってきた仕事がまるっと紹介されています!あの再発シリーズも、あんなBOXも、こんな本も、全部彼が手掛けていたのか~!! と思うことでしょう。

http://charlesgavin.com.br/

 

例えば、こんなマークの再発シリーズや、こーんな豪華本(LPサイズです!)。

ODEON.100anos

 

BOSSANOVA300

彼が手掛けた作品は他にもたくさんあります。きっと皆さんのお手元にもあることでしょう。

 

そんなブラジル音楽業界に精通したシャルリス・ガヴィンさんが選んだ作品、およびその理由については、本書の8ページをご覧ください!

インタビューご協力どうもありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特別寄稿2 ブラジル人アーティスト紹介③ Daniel Jobimさん

3人目はダニエル・ジョビンさん

 

bkcba93ciaa1iga

 

これは今年の春、ダニエルさんが来日されていたときに、インスト本の執筆メンバーであり監修者であるWillie Whopperが著書「ボサノヴァの真実」を手渡したときの写真です。優しそうな笑顔ですね。本の表紙には、ダニエルさんのおじいさまが写っています。この帽子とお名前を観てピンときませんか?そうです、アントニオ・カルロス・ジョビンさんのお孫さんで、ダニエルさんもピアニストです。

 

A.C.Jobimの名曲 Água de Março、 英語で歌っているのでWarters of March。
スティーヴィー・ワンダーとの2ショットは珍しいですね。

 

こちらはダニエルさんのオリジナル曲、Dias Azuis。

Milton Nascimento & Jobim Trioの「Novas Bossas」というアルバムの中では、ミルトンとダニエルさんが一緒に歌っています。

 

おや、東京でのライブ映像もあります!ひとりのアーティストとしての姿がうかがえますね。

 

そんなダニエル・ジョビンさんが選んだ作品、およびその理由については、本書の8ページをご覧ください!

インタビューご協力どうもありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

特別寄稿2 ブラジル人アーティスト紹介② Marcos Valleさん

次は、マルコス・ヴァーリさん

Marcos

 

 

う~ん、海が似合いますね。
マルコス・ヴァーリさんもご紹介不要?なほど日本で人気の高いアーティストのひとりです。

最近も、ステイシー・ケントさんと共に来日公演が行われました。
Blue Note Tokyo (ちょっとだけ音源が聴けます)

マルコス・ヴァーリさんは1943年生まれで、よくボサノヴァ第一号と言われる「Chega de Saudade」がリリースされた1958年当時は多感な15歳。そして20代の初めに飛ばした大ヒット曲がこちら。

初期のボサノヴァ時代の名作
Samba de Verão (サマーサンバ)

アメリカでアンディ・ウィリアムスの番組に出たときの映像です。

 

そんなボサノヴァ時代は案外短く・・欧米のソウル、ファンク、ロック、AORなどを取り入れたオリジナル曲で人気を得て、TVへの露出も多くなります。

Estrelar (1983)

 

そしてこれは2010年の映像。Azymthと共演。60代後半ですが相変わらずカッコいいですね!

 

Azymuthもまだまだ活動中です!
Azymuthオフィシャルサイト

 

そんなマルコス・ヴァーリさんが選んだ作品、およびその理由については、本書の8ページをご覧くださいね!

インタビューご協力どうもありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

特別寄稿2 ブラジル人アーティスト紹介① Roberto Menescalさん

今日からは、特別寄稿2「ブラジル人アーティストが選んだブラジル音楽インスト名作」で、回答を寄せてくださった方々をご紹介します。

まずはトップバッター ホベルト・メネスカルさん。
メネルカルさんはお祝いメッセージも下さいました。

RMenescal

 

今更、ご紹介も不要かもしれませんが。。皆さまご存知、ボサノヴァの黎明期から現場にいらして、まさにボサノヴァを生きてきた人、と言ってもいいと思います。彼らのライフスタイルから、ボサノヴァが生まれたのですから。

次の動画はホベルト・メネスカルさんの代表曲で、やはりボサノヴァのミューズと呼ばれているナラ・レオンが歌った音源です。二人は少年少女の頃からの友人。幼馴染との関係が、こんなふうに花開くなんて素敵ですね。

O Barquinho (小舟)

 

こちらはやはりボサノヴァ少女の夢を叶え体現しつづけるワンダ・サーとメネスカルさんの共演。
こういう景色、リラックス感の中でボサノヴァが生まれたのね。。と思いませんか?

http://youtu.be/ABZNwXvzJF8

 

もう一曲、代表曲 Rio (リオ)
こちらはインストヴァージョンです。

つまり、作曲者であり、ギタリストであり、アレンジャーでバンマス、そして現在は、アルバトロスというレーベルオーナーでもあります。現在進行形のバリバリミュージシャンであり企業家あり、音楽性だけでなく、その常に前向きで風通しのよい姿勢が素晴らしいアーティストです。

最近の活動はメネルカルさんのオフィシャルサイトをご覧ください。トップページにポップロックのスター歌手フェルナンダ・タカイとの共演ライブのお知らせが。。自分の作品は楽譜がダウンロードできるようになっています。

http://www.robertomenescal.com.br/wpress/

そんなホベルト・メネスカルさんが選んだ作品、およびその理由については、本書の8ページをご覧くださいね!

インタビューご協力どうもありがとうございました!

 

追記:ボサノヴァの歴史について詳しくお知りになりたい方は、こちらをお読みになってみてください!
ボサノヴァの歴史(現在、廃版のようです。図書館で借りられることがあります。)
ボサノヴァの真実

 

 

 

 

 

 

 

 

ホベルト・メネスカル氏より発刊お祝いのメッセージを頂きました!

RMenescal

Mensagem por Roberto Menescal .24/07/2014

Nosso Amigo Willie Whopper laçando mais um livro no Japão – Guia da Música Instrumental Brasileira! Parabéns!!!

「Parabéns!!!」は、「おめでとう!!!」です。

Facebookにてメッセージを頂きました。遠くの地の憧れの人から、こうしてメッセージをもらえるなんて、嬉しいことです!!ブラジルがどんどん近くなってきています。

なお、メネスカル氏には、特別寄稿2 「ブラジル人アーティストが選んだブラジル音楽インスト名作」に回答を寄せていただきました。また、特集 「Inportant Artists」に、ギタリスト、アレンジャー、プロデューサーとして紹介されています。