表紙について

DUBK074

表紙って、いわば、本の顔です。

特に、インターネットで情報がやりとりされる昨今、
本が店頭に並ぶ前から、表紙画像だけは出回ったりするわけです。

皆さんが、一番最初に目にするのが表紙ですので、

「皆さん、こんにちは!わたしはブラジル・インストルメンタル・ミュージック・ディスク・ガイドです!」

という顔をしていないといけないわけですが、

実は、本の表紙というのは、本を作る過程の一番最後の方で決まります。
いろんな案を検討しつつ、時間との戦いとなります。。

結局、シンプルに名を表すデザインの表紙になりましたが、いかがでしょうか。

その裏では、たくさんの真剣な意見交換がありました。
掲載OKなジャケットを選び出して下さった担当者さん、巧妙に配色して下さったデザイナーさん、表紙案について、執筆陣と会社に挟まれて奮闘して下さった編集者さん、皆さん、本当にありがとうございました!

この表紙、結構、ブラジル人にウケてます!FBに投稿したら、やたらコメントがついて盛り上がっていました。みんな、どのジャケがどの作品なのかよく知っているからでしょうね。あなたの知っている作品はいくつありましたか?

 

広告